みそぐら

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ キャラ紹介 □

ヴェルデリナート/キャラクター紹介

キャラクター紹介(ちょびちょび追加していきます)
chara_rex.jpgレックス
暴れん坊の竜の子供

しっぽの生えた少年。食いしん坊で明るく、ちょっと乱暴者。タネを「世界のまんなか」へ連れて行くため村を旅立つ。しっぽを持つのはレックスひとりで、一部の大人からは「尾付き」と呼ばれ疎んじられている。反面、人一倍の腕力を見込んで畑仕事や害獣退治に頼られることも。
chara_minm.jpgミンミ
芽吹きを願う

本好きの子。男性女性どちらでもない未成熟な身体をもっていたたため跡取りを望んだ本当の両親に棄てられ、
レックスと一緒に育てられた。己がどちらであるかは考えないようにしているが、レックスの親友でいたいという思いから少年のように振る舞う。
chara_tane.jpgタネ
降りてきた空穂の少女

レックスの拾った奇妙な果実の中から出現した少女。記憶の大半を失っている。"世界の真ん中"のことだけを覚えており、そこを目指す。わりと大雑把で飄々とした性格。普通の食事は摂らず、土や水を好んで口にする。唾液で生き物の傷を癒したり、成長を促す力を持つ。
裸を恥じず、人間とまったく同じ身体をしてはいない。

名前の元ネタはマオリの神話にある"タネ・マフタ"より。
chara_suu.jpgスー


優しく、ときに厳しいレックスの母親。縫い物や作物加工品の制作をしながら息子とミンミを養う。

子供を産めない身体である為、以前は村の男達からの恵みを受けていたため歳の行った女や村長にはあまりよい目で見られては居ない。
chara_arb.jpgアルバート
もうひとりの"尾付き"

天空に浮かぶ"竜宮城"は正当な竜の血を引く王家のものによって統治されており、アルバートは王位継承者たる王子である。自身の意志と性的興奮により、巨大な竜に姿を変えられる。その力は王の血族にのみ受け継がれる。
chara_mia.jpgマイア

もとは竜宮に捧げられた生け贄の地上人だが、「もっと大きくなってから食べる」という名目でアルバートに命を救われてから彼に付き従う。マントの下は裸体に縄を巻き付けただけの格好だが、これは逃げる意志のないことを示すために彼女自身が選んだもの。

chara_hentai.jpg神官ツァ・ガン

鉱山の希少な石を竜宮に捧げる街で神事を行う。物腰穏やかに見えるが、"竜"という存在に対する狂信故 人々からは恐れられている。神に捧げられたその身は去勢されている。
chara_kisaki.jpg竜太后ジェイン

アルバートの母親。竜宮城の実質的な現在の支配者。肉体的な年齢は少女のようにも見えるが、既に百年以上を生き続けている。


 
*    *    *

Information

Date:2012/09/09
Trackback:0
Thema:
Janre:ブログ

Trackback

TrackbackUrl:http://misokachu.blog.fc2.com/tb.php/7-1a85fcd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。